I INTERPRET LONDON

ロンドン在住の通訳者平松里英のブログ

Month: 1月 2015

お仕事の報告 Peterborough LAMMA2015

今回の仕事はPeterboroughで行われている国際農業機械展 LAMMA 2015の同行通訳でした。
イギリスに来てから、そろそろ8年になりますが、8年目にして初めてのPeterborough。ロンドンから急行で1時間弱のところにあります。

前日に天気予報を見たら「雨」ということで、クライアントの分も折り畳み傘を持参することにしました。
(しかし、情けないことに翌日朝の移動のタクシーの中に3本とも入れていたバッグを忘れてしまいトホホ・・・。幸い一日中「曇り」で傘のお世話にはならずにすみましたが。)

前日、空港にお迎えに行った後、夕食は「地元の人が食べている、その国らしいメニューがいい」と云うオープンマインドなお客様とご一緒させていただいたのが、こちらのパブ ↓↓
フィッシュアンドチップスやコッテージパイにビターエールなどをいただいた後お客様お泊まりのホテルにて解散。そこからは、次の日(当日)の待ち合わせ場所の目印を確認して、帰途に着きました。方向音痴なもので、これをすることが重要なのです。
ちなみに、以下のカバン屋さんとショッピングセンターを翌朝の目印にしました。↓↓

当日(つまり翌日)はスタートが早かったので、まだ辺りは暗いです。そのなかで、人通りもほとんどなくちょっと心細いところに、出くわすと結構びっくりしますよね、コレ・・・!? 心身まだしっかりと覚醒していなかったのでかなーりギクリとしました ↓↓

クライアントさんたちも、ホテルの朝食がまだ始まっていない時間でのスタートだったので、タクシーでキングズクロス駅に着いてから朝食を購入し、電車の席で食べました。私は『LEON』の朝食セット(ベーコン&エッグマフィン-ほうれん草が入っていて、彩りもよくヘルシー♪+コーヒー)それにブルーベリー&蜂蜜、ゴマ+松の実トッピングのヨーグルト。とってもおいしかった~。それに重すぎず、おなかにも優しくて、人気の理由がよくわかる、うんうん^^)
日本でもオープンするといいのにな♪ 
受け入れられそうな気がしませんか? ↓↓

 朝食マフィンの中身はこんな感じ ↓↓


会場の入り口にあった横断幕
会場の中は、屋内もありましたが、ごらんのようにほとんど屋外でした(汗)

ついてすぐに「あちゃ~」とおもったことを報告します。
靴 です。来場者のほとんどが「長靴」を履いていたんです・・・!! 私はこれまでの展示会や見本市での通訳のお仕事に着て行ったようなスタイルのオフィス服に少々ヒールのある靴。問題は、周囲から浮いていたということもありますが、 何より屋外が多く、ぬかるんでいるところも少なくなかったことと、会場の敷地が想像をはるかに超えて広大だったため歩く量が多かったこと。しまった長靴で来るべきだったかな、と。とは言いつつ、ロンドンの街中、キングズクロスの駅あたりや中心地を、地下鉄の乗降はおろか、階段の昇り降りもゴム長靴でやっちゃう?? いや街中を泥んこの長靴で歩くのはさすがに勇気がいるな~、など。というより変ですよね、かえって歩きにくそう。じゃあ、履き替えよう!というのも一案だけれど、荷物が増えるのは得策ではないし(歩き回る仕事の時は荷物は軽い&少ないに越したことはないので)…などとしばし考えてしまいました。

表面がぬかるんでいるのはこんな感じ ↓↓

↑↑ みなさんゴム長靴かアウトドア用ブーツ。
会場の面積も半端なく広かったので、ほぼすべて網羅するためには、とにかく歩いて回るしかないということで、食事休憩以外は会場を後にするまでひたすら歩き通しでした(久しぶりに運動した気分・・・でも、脚の付け根が痛い・・・いかんなぁ。反省。)
帰りの電車に乗り、キングズクロス駅に戻ってきたら、9と3/4のハリーポッターのプラットフォームで記念写真を取る人だかりに遭遇。2012年のロンドンオリンピックの頃だったかと思うのですが、キングズクロス駅はかなり様変わりをしました。以前の面影がほとんどないくらい。どちらかというと、隣りのセントパンクラス駅の延長上のような感じ。ユーロスターが発着するセントパンクラス駅と似たような近代的&大陸欧州的な雰囲気の駅になった気がします。そして、セントパンクラス駅の構内と同様に商魂たくましいものを発見。ハリポタの行列の横には ↓ が。

ちゃっかりお店ができていたんですね~! お店の中には入らなかったのでわかりませんが、もしかしたらこのお店でしか手に入らないグッズもあるのかもしれませんね。

というわけで、とーてーも足の裏が痛い筆者でした。
は~さぁて、お風呂に入って寝ようっと☆

わんこ

うちにはワンコが1匹います。

彼(彼=擬人化?)を見ていて、気付かされることが結構あるんですよね。

白状してしまうと、もともと犬好きではなくて、夫の犬だったんですが、
3年くらい一緒に暮らしていますが、ずいぶんお互いのあり方が変わってきたのに気づきました。

特に、ここ1、2ヶ月でしょうか、前は私の顔を見てもしっぽを振らなかったのが、
いつの間にか、寄り添ってくるようになりました。それを見て、ワンコが意識的に変わったというより、きっと私の接し方とか私の醸し出す雰囲気が変わったんだなと。

私がカリカリしているときは、自覚するより先に犬のほうが知っているようで、
遠巻きにしているんですよね。

よく、ペットを飼って癒されたとか、学んだとか聞きますが、
何が勉強になったかというと、犬という動物のことはもちろんですが、自分のことですね。

彼の様子から自分の状態を知る、意識することの多いこと…。

これにはいろんな側面があると思いますが、はじめは家が毛だらけになってイヤだな〜と、
漠然とですがどちらかというと面倒に感じていたのに(ゴメンなさい)、今は自分よりも私のことをよく分かっている、特別な鏡でもあり、ぐたーっと寝てばかりいると、かまってあげてない=用事や仕事に追われて余裕がなくなっている自分に気付きます。

以前は、それが普通だったけれど、犬が寄ってこないほどイライラしていたり、死にそうに退屈にさせるほど余裕がない状態って、早めに解消したほうが良い、工夫が必要だな〜と思うようになりました。

もうちょっとゆっくりお散歩も連れて行ってあげないとなぁ。

そして家族も(!)同じことが言えるんだろうな〜と、反省しきり…。

今度の週末はワンコも家族ももうちょっと手間をかけて過ごすことにしようと思います。

用事も仕事もテキパキ、ちゃっちゃと済ませねば。。。

アウトプットの法則

毎日の生活、仕事など、何か物足りない、と感じるとき、新しいスキルを習得しなくちゃ!カルチャースクールに通ったり、学校に入ったり、と新しく「インプット」することを考えませんか? 私もそうなんです。というか、そう「だった」といったほうが正確かもしれません。

そこで、今日はアウトプットの話。

「出入り」という言葉がはじめに「出す」こと、そのあとに「入る」となっていますよね。『自分を浄化する方法』という本で見つけたのですが、「入る」前に、「出す」ことを意味している。インプットの前にアウトプット、言い換えると、インプットするためにはアウトプットしないといけない、ということなんだそうです。

英語の勉強など、とてもいい例だと思うのですが、学校で教わるのはほとんどインプットばかり。その何倍もアウトプットすると、すごく身につくはず。単純にオウム返ししているだけでも、とにかくアウトプットすることを意識的に行えば、インプットだけよりも確実に上達します。

  • 最初はとにかくアウトプットを習慣づけること。
  • 次は、「量」をアウトプットする。
  • そうしてから、アウトプットの「質」を上げる。

というようにステップアップすればいいんだと思います。
難しく考えるより、とにかく声に出す、手で書く、人に話す(説明する)。
そうすることで知らず知らずのうちに「筋肉=身」になっていく気がします。

かく言う私も、今年「こそ」は達成したい目標がいくつかあります。
三日坊主常習犯の私ですが、「焦らない」「腐らない」をモットーに、
そして、思い通りにならなくても「怒らない」、もうダメだという気になっても「負けない」、を心に刻んで、この一年がんばってみようと思います!

みなさんも、少々うまく行かなくても、調子が悪くて休んでしまっても、また始めればいいんです。そんな時は気を取り直して、また始めればいいじゃないですか。少なくとも、去年の自分よりは一歩でも、たとえ半歩でも、進歩しているんですから。

あと約360日。結構長いですよ。それでも、あっという間にまた年末が来ます。健やかに、穏やかに、2015年の年の瀬に一年を振り返って、自分の成長・進歩を(小さくても)実感している自分を思い描いてみてください。

12ヵ月後には、そのようにお互いなっていられるよう、がんばりましょう。
お互いの健闘を祈りつつ、今日はこの辺で。

今回は自分にも言い聞かせる目的で書きました。
ではまた☆

画像:http://genius-lv.com/goi/english47.html

あけましておめでとうございます!新年の抱負。

2015年、ノートに抱負を書き記しました。心がけることとして、昨日NHKでやっていたブラジルの日系移民の番組で出てきた「アオイクマ」を掲げようと思います。覚えやすくて、シンプルであることは、実現力を考えると重要だと思いました。

アオイクマあるいは「あおいくま」ですが、「あ」は「焦るな」、「お」は「怒るな」、「い」は「威張るな」、「く」は「腐るな」、「ま」は「負けるな」。このなかでは「腐るな」がいちばん好きというか、今いちばん心に響きます。

ちなみに、「威張るな」はどうやって英語に訳したもんでしょうね。
Dont’ be cocky, don’t get arsy… Be modest, stay humble… とか?

画像:http://watom.net/cp-bin/blog/index.php?cid=16

© 2018 I INTERPRET LONDON

Theme by Anders NorenUp ↑