I INTERPRET LONDON

ロンドン在住の通訳者平松里英のブログ

Month: 2月 2017

推奨!名古屋市科学館のプラネタリウム

名古屋にすごいプラネタリウムがあるのをご存知でしたか?
コアの宇宙ファン、星空ファンにもたまらない素晴らしいプラネタリウムが、名古屋にあるんです!

ロンドン在住通訳者の平松里英(rielondon)です。

前回のお約束通り、今回は「名古屋市科学館」のプラネタリウムについて取り上げます。

ご存知でしたか?

とある「世界のプラネタリウムトップ10(10 Best Planetariums in the World)」情報によると、

名古屋市科学館のプラネタリウムは 世界 第3位 につけているんです!

 

ちなみに、第1位は、ニューヨークのヘイデン・プラネタリウム

第2位は、カリフォルニアはグリフィス天文台にあるサミュエル・オシン・プラネタリウム

 

名古屋市科学館:世界最大のプラネタリウム!

ここでは、名古屋市科学館のプラネタリウムは、こう紹介されています。

 

Nagoya City Science Museum, Nagoya City, Japan – The Nagoya City Science Museum is home to the biggest planetarium in the world with a dome diameter of 35 meters (115 ft), and 350 seats. But this planetarium is not just the biggest, it’s also one of the most sophisticated and highest quality planetariums ever built

世界最大のプラネタリムは名古屋市科学館にあり、ドームの内径が35メートル(115フィート)、座席数350。このプラネタリウムは大きさが世界最大というだけでなく、これまでに建築されたプラネタリウムの中で最も洗練されたプラネタリウムのひとつで、最高級のクォリティを誇るプラネタリウムである。

 

この世界最大(the world biggest)という表現に注目。

(ギネスブックに載っているそうです。)

通常はone of the most(最も~な○○のひとつ)と、言い切らないことが多いのに、

ここでは完全に言い切っており、文句なしの世界最大級であることがうかがえます。

 

こちらの世界ベスト10ランキングが載っているサイトはアメリカのサイト。

 

そのため、アメリカのプラネタリウムが優先されるのも無理はないと思う次第ですが、

それでも、世界最大級で第2位に付けているカリフォルニアのプラネタリウムは、内径23メートル。

 

名古屋市科学館のプラネタリウムは、その約1.5倍。

 

つまり、カリフォルニアのプラネタリウムは 直径が約7.3メートル。

名古屋市科学館のプラネタリウムは 直径が約11.1メートル。(約1.5倍)

 

ということは、

体積は3倍以上(1.5の3乗)という計算になります。

すごいですね!!

 

でも確かに行って見るとわかりますが、大きいですよ。

大きいと、つい映像が荒くなるような気がしませんか?

ところがどっこい、映像も素晴らしい!

旧プラネタリウムと比較対象にならないくらいです。

 

Greenwich Observatory Planetarium

Greenwich Planetarium

私、ロンドンではグリニッチ天文台にたまに行きます。

グリニッチは子午線・天文台だけでなく、

他にも見るところがたくさんあるので会員になっているのですが、

グリニッチ天文台にも、小さいですがプラネタリウムがあります。

(上の写真)

じつは、プラネタリウムが好きなのも会員になっている理由のひとつなのですが、

名古屋市科学館のプラネタリウムを体験した後では、

やはり物足りなさは否定できません。

 

 

Planetarium NCSM

Planetarium Nagoya City Science Museum

最初のプラネタリウムは1962年11月に開館され、2010年の8月に立て直しのため(一時)閉館。

名古屋市科学館のプラネタリウムは、2011年にリニューアルされました。

 

名古屋市科学館のプラネタリウム:難点―その壱

私はリニューアルされたプラネタリウムには、1度しか行ったことがありません。

海外に住んでいるからということも大きな理由なのですが、

じつはチケットが取れなくて気軽に行けない!

これが難点。。。

 

空席情報のページを見ていただくとわかるのですが、前売り券はありません。

※展示室のみ(つまりプラネタリウムはなし)であればコンビニの前売り券が購入可能。

当日、朝9:30から その日のすべての回の観覧券が売り出される 仕組みになっているので、

観覧券を取りに並ばなければならない のです。

 

私が行ったときは、取れたのが午後の回だったので、

朝並んでチケットを取って、午後出直しました。。。

各回の空き状況はネットで確認できることはでいるのですが、予約が取れない。

 

それから、電子申請サービスも以前はあったようですが、現在は停止されています。

 

さらに、購入日より1年間有効な「定期観覧券」なるものが存在し、

プラネタリウムにも有効なオプションもあるようですが、

当日いきなり行って入れてくれるのか、それとは別に整理券(?)を取らなければならないのか、

そのへんは不明。

 

名古屋市科学館のプラネタリウム:難点―その弐

「よくある質問」の上の方に、

「プラネタリウムの解説を外国語で聞くことはできますか?」 という質問があり、

 

その答えが、

「当館のプラネタリウムは日本語で生解説を行っています。翻訳装置や同時通訳などもありませんのでご了承ください。」 

となっています。

 

これ

「あ、外国の方には来ていただかなくても間に合ってます。」

って言われているようなものですよね(涙)

 

これは、惜しい…。

 

いや、外国人観光客のなかにも「行ってみたい!」という人がいると思うんですよ。

 

実際、家族でプラネタリウムに行きたいと思っていても、

「うちのお父さん(お母さん)日本語じゃわからないし…」

みたいな理由で

「じゃあ、やめ。別のところにするか、残念だけど」

というケースも 少なからず ある気がする。

 

まあ、毎日コンスタントに動員数が見込めるかどうか、絶対数が多いかどうかはわかりません…。

投資に見合うだけのリターンが見込めるのかどうか、それは確かに私にも測りかねるのですが…。

 

ただでさえ人気があって、客集めには困っていない模様。

外国語対応までしなくても十分やっていけるし、対応する余裕なんてありません。

ということなのかもしれませんが…。

↑ いや、本当のところ、どうかわかりませんけどね(汗)

 

でも!

ここのプラネタリウム、

大きいだけではなく、映像クォリティもプラネタリウムとしては世界一なんです。

 

日本が世界に誇れる、

ハイテクなだけじゃない、

学芸員の解説がとっても優れている、

足を運ぶ価値のあるプラネタリウムなので、

 

ぜひ外国人の方々にも(観光客でも居住者でも)

その素晴らしさを堪能してもらえるようになると、いいなとおもいます。

 

「本物に限りなく近い星空」を再現すること

2012年に掲載された記事※のなかの、学芸員の話によれば

“本物に限りなく近い星空”を再現すること。それが今回のリニューアルの最大の目標であり、こだわりでした」。

そのこだわりには、「プラネタリウムで星を見る楽しさを知ったら、自宅に帰ってから実際に夜空の星を眺めてほしい」という、

小林ら天文係6人の学芸員に共通する思いがある。

革張りのリクライニングシートは すごーく快適

さらに、椅子が左右に動きます。

動くというか、回る・揺らせる感じなので、

首をうーんと曲げたり、頭を逆さにしなくても、椅子を傾けるだけで

北の空も、東の空も、西も南も、見たい空が楽しめます!

科学館というより、上質の映画館という感じです。

 

日経BiZアカデミー「本物に限りなく近い、名古屋市科学館『プラネタリウム』」

 

 なぜ、名古屋にこんなにすばらしいプラネタリウムがあるのか?

思うに、旧プラネタリウムのときから、生の解説があり、素晴らしかった。

私はプラネタリウムと言えばそれが当たり前だと思っていたのですが、違いました。

プラネタリウムに行って、専門的な生解説があるなんて、非常に恵まれていること。

関わる人たちの期待度がおのずと高かった。それで、新しくすると決まった時にも、

もともと求めるレベルが高かったのだと思うのです。

私の推察でしかないのですが。

 

学芸員の方たちの解説は、乙姫と彦星のお話でとどまってはいません。

(乙姫と彦星のお話は、誰もがなじみがあり、導入として重要。)

難しい天文学の話をかみ砕いて、

一般人にもわかりやすく、

興味深いお話、

にしてくれます。最高ですよね

 

あまりにリラックスして、ついつい寝てしまう私。(陳謝)

 

名古屋も外国人居住者が増えていますから、英語の解説があったら

(もちろん、中国語やポルトガル語もあったらあったに越したことはないのですが)

世界最大(世界最高!)のプラネタリウムとあらば、

「一目見たい人は、そりゃあいるでしょう、日本まで来るインセンティブになるでしょう」

と思います。

 

それに、ここはアクセスもいい。

名古屋駅から近いですから。徒歩10分、地下鉄なら一駅。

 

英語のガイドブックで、名古屋のページがあまりに少なくて(1ページに満たない)とても悔しい筆者でした。

 

英語のコンテンツがあったら、それだけで、見開き2ページ費やすくらいの価値はあると思う。

 

というわけで、近々、英語でも名古屋市科学館のプラネタリウムについて書くことにします!

 

【関連サイト】

バリアフリー対応など、名古屋市科学館に関するくわしい情報は以下の公式サイトからご覧ください。

名古屋市科学館プラネタリウム 公式サイト

LAのアイコンに迫るグリフィス・天文台編

 

 

Photo:
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/visit/planetarium/about/index.html
http://www.visitgreenwich.org.uk/events/planetarium-shows/

 

NASA 39光年の彼方に地球に似た惑星を発見!

こんにちは。ロンドン在住通訳者の平松里英(rielondon)です。

22日、NASA(アメリカ航空宇宙局)で39光年先の彼方に地球に似た惑星を7つ発見!というニュース。大変興奮しました!

私、じつは星や宇宙が大好きなのです。小さい頃から大好きで、何がきっかけだったというと、それは幼稚園で行ったプラネタリウム。

満天の星を見上げ、解説員の方から星座のお話や星雲、天の川のお話を聞いた。

一生忘れられないほど感動しました。

いま思えば人工の空間だったので本物とは比べものにならないのに、

まるで本当に、宇宙空間で天体を眺めているような気がして。

想像力を掻き立てられたのを覚えています。

それ以来、星や宇宙には無条件に大きなロマンを感じるのです。

Voyger

Voyger

上の絵を覚えていますか?

1977年に米NASAが打ち上げた

無人宇宙探査機「ボイジャー1号 」

に搭載された「ゴールデン・レコード」と呼ばれるレコード盤に刻まれた絵です。

主なミッションは太陽系外の探査で、いつの日か地球外生命体が同機を発見してくれることを期待して、レコードには画像・音楽・メッセージなど、人類の文明を表す情報を保存してあります。

ボイジャー1号、2号 は今どこに?

「ボイジャー1号」は、発表によると、2012年8月25日に太陽圏を抜け、星間空間(Interstellar)に突入し引き続き移動中。

現在の位置は、なんと!リアルタイムで確認することができるのです。すごい!

Voyger号の位置:NASAのページを参照)

宇宙にインスパイアされた映画・アニメ作品

あれから40年たつなんて、懐かしいはずですね。

日本でも松本零士氏の『宇宙戦艦ヤマト』、『銀河鉄道999』、『キャプテン・ハーロック』や

宮沢賢治原作の『銀河鉄道の夜』の映画化、ハローキティで知られているサンリオから(!)も『シリウスの伝説』。

こちらはタイトルにある通り「伝説」になったアニメ映画。

’70〜’80年代は、宇宙色に溢れる時代でしたね。

宇宙を舞台にした作品『シリウスの伝説』のイメージ画

ちなみに、シリウスの伝説のパンフレットに一部紹介されていたイメージはとても美しく、

映画の世界観を形作った素晴らしいイメージ画となっています。

私は絵は素人ですが、本編では見ることができない見応えのあるものだったと記憶しています。

 

では、このニュースに関する英語記事を2つ、その中の表現を見ていきましょう。

The Telegraph | Nasa astronomers discover new solar system called TRAPPIST-1 where life may have evolved on three out of seven of its planets

(NASAの研究者によるとトラピスト1と呼ばれる恒星のまわりに7惑星を発見、うち生命を宿している可能性のある惑星は3つ。)

“Astronomers have detected no less than seven Earth-sized worlds orbiting a cool dwarf star known as TRAPPIST-1.”
地球に似た大きさの惑星をトラピスト1として知られる温度の低い矮性(わいせい)を発見。

 

“TRAPPIST-1 is an ultracool dwarf star that is approximately eight per cent the mass of and eleven per cent the radius of our Sun.”
トラピスト1は極めて低温の矮星で、質量は太陽の約8%で半径は約11%。

なぜ TRAPPIST-1(トラピスト1)という名前なのか?

この恒星がトラピスト1と名付けられた理由は、太陽系外惑星探査望遠鏡「トラピスト」で発見された恒星第1号だからですが、

トラピスト望遠鏡は、トラピストビールなどで知られる「トラピスト会」にちなんでいるとも言われていますが、

こちら、ベルギーのリエージュ大学とスイスのジュネーブ天文台の共同プロジェクトです。

望遠鏡はリエージュで操作されています。ベルギー(ビールで有名な…)であることが、

トラピストという命名に関係があるかもしれませんね。

“The planets were found using the “transit” method that looks for tiny amounts of dimming caused by a world blocking light from its star.”
これらの惑星発見「トランジット」現象を利用した方法でにて発見された。トランジット現象とは、惑星が恒星を横切るときにほんの少し暗くなること。

 

Astronomer Royal Sir Martin Rees thinks he discovery of these new worlds is just the start.”
王室天文官のマーティン・リース[男爵]はこれらの惑星の発見はほんの始まりに過ぎないと言う。

 

【マーティン・リース男爵の関連リンク】
“TED | Is this our final century? – Sir Martin Rees” ※日本語字幕付き

“TED | Can we prevent the end of the world?” ※日本語字幕付き

 

NASA(米航空宇宙局)のサイト記事)”Nasa discovers new solar system Trappist-1 – where life may have evolved on three planets”

NASA | Kepler Finds 1st Earth-Size Planet In ‘Habitable Zone’ of Another Star

(米航空宇宙局、惑星探査衛星ケプラーが「生命が住むのに適したゾーン」に最初の地球に似た惑星を発見)

“Future NASA missions […] will discover the nearest rocky exoplanets and determine their composition and atmospheric conditions, continuing humankind’s quest to find truly Earth-like worlds.”
今後の米航空宇宙局の探査計画で、地球から一番近い、岩石でできた太陽系外惑星を発見し、組成や大気の状態を解明するまでは、本当に地球のような惑星発見するという人類の追究は続くのです。

 

“Kepler-186f resides in the Kepler-186 system, about 500 light-years from Earth in the constellation Cygnus.”
ケプラー186fはケプラー186を周回しており、地球からは約500光年離れたはくちょう座に位置している。

 

“The star is classified as an M dwarf, or red dwarf, a class of stars that makes up 70 percent of the stars in the Milky Way galaxy.”
恒星[トラピスト1]はM型矮星、または褐色矮星で、このクラスの恒星は(われわれの住む)銀河系の恒星の70%を占めている。

 

“On the surface of Kepler-186f, the brightness of its star at high noon is only as bright as our sun appears to us about an hour before sunset.”
ケプラー186fの表面の明るさは、一番明るい正午でも日没の1時間前程度の明度でしかない。

 

“The four companion planets, Kepler-186b, Kepler-186c, Kepler-186d, and Kepler-186e, whiz around their sun every four, seven, 13, and 22 days, respectively, making them too hot for life as we know it.”
仲間の惑星はそれぞれ、ケプラー186b、186c、186d、186eでトラピスト1の周りを、各々4日、13日、22日の周期で(ブンブンと)回っているため、生命が存在するには暑すぎることがわかっている。

 

【関連リンク】

Kepler Project | NASA (ケプラープロジェクト)

読売新聞(YOMIURI ONLINE) | 39光年先、7惑星に生命?表面に水の可能性 : 科学・IT

映画『インターステラー』とボイジャー

ボイジャー号が宇宙空間に旅立ってから、ちょうど40年。

今ごろ、ボイジャー号はどこを漂っているのでしょうか、それとも、誰かに発見されたでしょうか。

数日前、見よう見よう!と思っていた『インターステラー(Interstellar)』という映画を観ました。

2014年の製作ですから、3年近くたっています。

太陽系どころか銀河系の外へ、人類が居住できる惑星を探しに行く話です。

途中、交差する時間軸や空間(ネタバレ注意)の関係で、

少々分かりづらい所があるかもしれませんが、おススメです。

 

ひとり興奮冷めやらぬ中、今日はこの辺で。

次回は、宇宙つながりで名古屋市科学館にある素晴らしいプラネタリウムのお話です。

 

【気になる英語表現】
dwarf star  矮星(わいせい)
M dwarf  M型矮星
red dwarf  褐色矮星
new worlds  新しい惑星
habitable zone  生命が住むのに適した
exoplanets  太陽系外惑星
the constellation Cygnus  はくちょう座
companion planets  仲間の惑星  ※伴星ではない
whiz around  ブンブンまわる
the Milky Way galaxy  (われわれの住む)銀河系 ※天の川はその断片
Astronomer Royal  王室天文官

 

Photo: http://www.dailykos.com/story/2015/8/2/1373510/-Ever-wondered-why-humanity-s-alone-in-the-universe-It-s-because-we-don-t-exist

Japan and Nomyunikeishon (nommunication)

I can’t drink. Is it a problem, to blend in the society in Japan?

Hello there.

My name is Rié (<a href=”https://twitter.com/rielondon” target=”_blank”><i class=”fa fa-twitter”></i>rielondon</a>)- I’m a Japanese interpreter based in London.

My step-son is studying Japanese at university and every now and again asks me questions. Interesting questions, as they have never occurred to me…!

Today, I am going to try and answer one of his friends’ questions.

Here we go…

My friend doesn’t drink because of an allergy (not sure to what) and he wondered if for him to get along socially in Japan, whether the sort of ‘social/drinking culture ‘ meant he’d be left out?

Nomenai? – No.  It shouldn’t be much of a problem.

If your friend is out for a big night, and everybody else is drinking hard, others may not understand straight away as to WHY your friend isn’t drinking with them.

Some may need more explanation than others before they get it, and others may read too much into it, wondering whether it is an excuse and that he actually doesn’t like hanging out with them.

I’m only kidding! Don’t worry.

Seriously, if he wants to make sure his friends have understood and know that he wants to be friends with them, then he can prepare a simple enough story.

Story that is true to describe that happened to him in the past, or to others people he knows. I’m sure they would appreciate his honesty.

Perhaps, it is  helpful if he helped them whether it is the drink and drink only that he can’t take or that he actually doesn’t like the drinking atomosphere either.

Nomenai! In terms of friendship building,

…or other sort of ‘ship’ building he is trying to nurture, Nommucation (combination of words between ‘nomu’ 飲む or 呑む= to drink in Japanese and English word loaned ‘communication’) becomes more important once in professional life, I’d imagine.

If and when he works in Japan, and one day he is invited for a drink, a casual ‘after 5’ (or after 8pm, I don’t know) for example, then even if he can’t drink he should still come along — if he wants to.

He doesn’t have to drink alcohol. He can drink 0% alcohol beer instead! It wouldn’t be so noticeable that he actually is not consuming alcohol, as long as he is there with them, having a good time together.

Nomenai!! If your friend happens to dislike alcohol flavour altogether,

…then it’s a different story.

But don’t you worry.

I’m only saying this because there is a better idea.

Have you heard of an illness called ‘gout’?

If you haven’t heard before, you can look it up easily. It is called Tsuuhuu (Tsuufuu) 痛風(つうふう)in Japanese.

He could tell them he suffers from gout, or if he is too young to have that problem he could say his father (a white lie!) does and therefore he needs to be careful as well or something along the line.

And — don’t forget to add the most important part as follows:

Nevertheless, he loves hanging out (with his friends), and he can even suggest where to go and what to do, if he feels up for it.

I hope above helps 😉

What’s your Japanese culture-related experience?

 

Photo: http://nomenai.blue/column/

日米首脳会談|共同声明 安保・経済での緊密連携を強調

ロンドン在住日英通訳者の平松里英(rielondon)です。

今日は、先週末に行われた、トランプ米大統領就任後、初の日米首脳会談について、

2月11日の「日米共同声明 安保・経済での緊密連携を強調」(NHKニュース)を中心に、関連記事も取り上げます。

 

【今日取り上げるニュースメディア】

2月11日 “Abe, Trump release joint statement”(日米首脳会談、共同声明)(NHKニュース)

2月12日 “Abe says North’s missile launch absolutely intolerable“ (日米首脳会談、安倍首相「北朝鮮のミサイル発射は断じて容認できない」)(朝日新聞英語版)

 

【ざっくりサマリー】

✔ 初めての日米首脳会談、日米同盟について予想外に良好な滑り出し

✔ 経済では閣僚レベルの枠組みを構築

✔ 年内に米大統領の日本公式訪問へ招待

 

安倍総理大臣は2月9日~13日の日程でアメリカを訪問。

10日には、トランプ政権になって初めての日米首脳会議が開かれました。翌11日には最初の共同声明が発表されました。

その後、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けて、予定外の共同声明も発表されました。

 

トランプ米大統領の就任からまだ3週間。いろいろな面で、急展開が目白押し。これからも、注視していかなければならないでしょう。

それと同時に、一挙手一投足に振り回されず、冷静に近視眼的にならないよう戒めて、これからの動向を窺っていきたいと思います。

 

今回の首脳会談の最初の共同声明は、主に日米の防衛と経済についてでした。

内容は日米同盟の確認と強化、つまり尖閣諸島が日米安全保障条約の適用範囲であること、

その海洋の権利、日米双方の役割・任務・能力の見直し、相互補完的な経済連携、そのための新しい二国間の枠組み構築についてでした。

 

以下、重要な表現を集めてみました。

 

日米首脳会談|日米同盟について

The statement calls the Japan-US alliance the cornerstone of peace, prosperity, and freedom in the Asia-Pacific region.

共同声明では、日米同盟について「アジア太平洋地域における平和、繁栄および自由の礎である」としています。

It refers to an “unwavering” US commitment to defend Japan through the full range of both nuclear and conventional capabilities of the US military.

核および通常戦力の双方によるあらゆる種類の米軍の軍事力を使った日本の防衛に対する米国のコミットメント・関与は揺るぎない

 

 

日米首脳会談|同盟強化の方策

The statement says Abe and Trump instructed their foreign and defense ministers to hold early talks on ways to further strengthen the alliance. This includes a review of the 2 countries’ roles, missions, and capabilities.

日米両国の安全保障面での連携をさらに強化するため、早期に外務・防衛の閣僚協議、いわゆる2+2を開催し、日米双方の役割・任務・能力の見直しを含む同盟強化の方策を協議する、としています。

 

日米首脳会談|海洋の権利

The 2 leaders affirmed that Article 5 of the bilateral security treaty covers Japan’s Senkaku Islands in the East China Sea, and that they oppose any unilateral action that seeks to undermine Japan’s administration of these islands. China and Taiwan claim the islands. The Japanese government maintains the islands are an inherent part of Japan’s territory.

両首脳は、沖縄県の尖閣諸島がアメリカによる防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用範囲であることを確認したとしたうえで、「尖閣諸島に対する日本の施政を損なおうとするいかなる一方的な行動にも反対する」としています。

 

 

日米首脳会談|北朝鮮に関して

And they urged North Korea to abandon its nuclear and ballistic missile programs and refrain from taking any further provocative actions. They also affirmed the importance of seeking an early resolution of the issue of North Korea’s abductions of Japanese nationals.

北朝鮮に対し、核や弾道ミサイルの開発計画を放棄し、さらなる挑発行動を行わないよう求めることや、拉致問題の早期解決の重要性などで一致したとしています。

 

 

日米首脳会談|経済分野について

On the economy, the statement says Trump and Abe are committed to using the 3-pronged approach of fiscal, monetary, and structural policies to strengthen domestic and global economic demand.

経済分野では[…]「国内や世界の経済需要を強化するために相互補完的な財政、金融、構造政策という3本の矢のアプローチを用いていくことへの関与を再確認した」としています。

 

Abe and Trump pledged to explore how best to accomplish these shared objectives, noting Trump’s decision to pull the US out of the Trans-Pacific Partnership free trade pact.

アメリカがTPP=環太平洋パートナーシップ協定から離脱した点に留意し、両国および地域の経済成長などを達成するための最善の方法を探求することを誓約した。

 

日米首脳会談|北朝鮮のミサイル発射

また、2月12日朝日新聞英語版の “Abe says North’s missile launch absolutely intolerable“ 

(日米首脳会談、安倍首相「北朝鮮のミサイル発射は断じて容認できない」) では

“North Korea’s most recent missile launch is absolutely intolerable,” Abe said through a translator.

安倍首相は「北朝鮮のミサイル発射は断じて容認できない」と通訳を通じて発言。

 

He added that the North must comply fully with relevant U.N. Security Council resolutions, but also noted that Trump had assured him that the U.S. supported Japan.

安倍首相は、北朝鮮は国連決議を完全に順守すべきだ。トランプ大統領との首脳会談において、米国は日本と共にあると明言した。

 

“President Trump and I myself completely share the view that we are going to promote further cooperation between the two nations. And also we are going to further reinforce our alliance,” he said.

「私とトランプ大統領は日米同盟をさらに緊密化し、強化していくことで完全に一致した」と発言。

 

Trump followed Abe with even fewer words, saying in part: “I just want everybody to understand and fully know that the United States of America stands behind Japan, its great ally, 100 percent.”

トランプ氏も言葉数は少ないものの、「米国は日本を100%支援する」と述べた。

 

With that, they left the room, a surprise of sorts given that the usually outspoken Trump neither condemned nor denounced the launch.

それだけ述べて両首脳は会場を後にしたが、ある意味で驚きだったのは、普段は率直な物言いのトランプ大統領が北朝鮮のミサイル発射に対しては強く非難したり糾弾したりしなかったことだ。

 

関連記事

ほかの媒体ではどのように取り上げられているか、沢山ある中から、2つ(以下)。

 

“President Donald Trump and Japanese Prime Minister Shinzo Abe hit the links on Saturday, as the two leaders looked to forge a bond over a round of golf diplomacy.”

(トランプ大統領と安倍首相、土曜日ゴルフ外交で交流を深める)

 

“It was a weekend that included an intimate golf outing of more than four hours; a lavish Saturday night dinner; and an unexpected joint statement on North Korea’s missile launch.”

(週末、4時間を超えるゴルフ、土曜日の豪華な夕食会、北朝鮮のミサイル発射後の予想外の共同声明発表など行われた)

 

日米首脳会談|民進党の蓮舫代表は

TPP離脱に関しては粘り強く説得していくはずだったのに、今回の日米首脳会談では、あっさりと2国間交渉という形になり、世界各国と歩調を乱してゴルフに興じる姿は首相として誇れるものではないと批判するなど、政界、そして経済界、その他でも、引き続きホットな話題となっています。

さあ、これからの日米関係、一体どうなっていくのでしょうか。今後も目が離せませんね。

 

《注目の英語表現》

  • 日米安全保障条約   the Japan-US alliance
  • 平和、繁栄、自由の礎   the cornerstone of peace, prosperity and freedom
  • 揺るぎない   unwavering
  • あらゆる種類の(戦力)   through the full range of
  • 格及び通常戦力の双方   both nuclear and conventional capabilities of the US military
  • プレゼンスを強化   strengthen its presence
  • 厳しさを増す安全保障環境のなかで   amid an increasingly difficult security environment
  • 大きな役割および責任を果たす   assume larger roles and responsibilities
  • 外務・防衛の閣僚   their foreign and defence minister
  • 同盟強化   (further) strengthen the alliance
  • 役割、任務、能力の見直し   roles, missions and capabilities
  • 日米安全保障条約第5条    Article 5 of bilateral security treaty
  • 適用範囲である   covers
  • 一方的な行動   unilateral action
  • 日本の施政を損なおうとする   seek to undermine Japan’s administration
  • 海洋秩序の維持   maintaining a maritime order
  • 海洋の権利   maritime claims
  • 主張する試み  attempt to assert(*中国などの尖閣諸島に対する主張)
  • 名指しは避け   without naming China
  • 緊張を高める   escalate tensions
  • 拠点の軍事化   the militarization of outposts
  • アメリカ軍普天間基地の移設計画   a plan to relocate the US Marine Corps Futenma Air Station
  • 施設の継続使用を避ける   avoid the continued use of the facility
  • 核や弾道ミサイルの開発計画   nuclear and ballistic missile programs
  • 挑発行動   provocative actions
  • 早期解決   seek an early resolution
  • 拉致問題   the issue of North Korea’s abductions of Japanese nationals
  • 財政、金融、構造政策という3本の矢のアプローチ   3-pronged approach of fiscal, monetary and structured policies
  • 国内や世界の経済需要の強化   strengthen domestic and global economic demand
  • 日米両国間及び地域における経済関係   bilateral and regional economic relationships
  • 自由で公正な貿易のルール   based on rules for free and fair trade
  • 貿易および投資に関する高い基準の設定   setting high trade and investment standards
  • 市場障壁の削減   reducing market barriers
  • 経済成長および雇用機会の拡大   enhancing opportunities for economic and job growth
  • 貿易・投資関係の深化   deepening (their) trade and investment relations
  • 継続的努力   the continued efforts
  • 貿易、経済成長の促進に向けた   promoting trade and economic growth
  • 探求することを誓約する   pledge to explore
  • TPP環太平洋パートナーシップ協定から離脱する   pull (the US) out of the Trans-Pacific Partnership free trade pact
  • 2国間の枠組み   a bilateral framework
  • 地域レベルの経済連携を引き続き推進する   continue to advance existing regional initiatives
  • 経済対話を進める   launch economic dialogue
  • さまざまな分野にわたる協力について対話を進める   discuss cooperation across various sectors
  • 相互の経済的利益を促進する   bring mutual economic benefits
  • 共同声明では    the statement says/the statement calls/Abe and Trump affirmed
  • 日本を公式訪問するよう招待する   invite (Trump) for an official visit to Japan
  • ペンス副大統領    Vice President Mike Pence
  • 早期訪問を歓迎する   welcome an early visit
  • これらの招待を受け入れる    accept these invitations

 

ご質問、コメント、そしてご相談も大歓迎です。コメント欄、お問い合わせページ、またはTwitter からどうぞ。

この機会に、ぜひ読者登録してみてくださいね。

 

イギリス、ヨーロッパ地域の現地通訳をお探しの方

ロンドン在住の通訳者 平松里英のウェブサイトをご覧ください。

(私が制作・運営しています。ウェブサイトの翻訳・共同制作のご相談も受付中。)

ボイスサンプル、ビデオサンプルも視聴できます。

対応地域はEMEA地域。イギリス国内、ヨーロッパだけでなく「欧州の裏庭」ともいわれるアフリカ諸国、中東へもイギリスから飛行機で7~8時間ほどですので効率的です。

ご連絡をお待ちしています!

平松里英にメールする

 

【お知らせ】

『通翻Web』にて連載中!

くわしくは「通訳者通信fromロンドン」をご覧ください!

 

イギリス、アイルランドからヨーロッパ全域へ出張して通訳しています。こちらのカテゴリーでは世界の動き、最近の世界のニュース・情報の中で使われている英語表現・時事英語について書いています。

記事は、時代の変化に合わせて、随時加筆したり改訂したりしています。

 

Photo: http://nymag.com/selectall/2017/02/donald-trump-and-japan-pm-shinzo-abe-have-awkward-handshake.html

Voice 02: 通訳者と発声とウィスパリングの関係

 

ロンドン在住日英通訳者の平松里英(rielondon)です。

 

今日は発声について

通訳における発声のポイントは、

「自然な、美しい声を、豊かに、スムーズに出すこと。」

 

朗々と、大きな声

を出すことよりも、

 

自然な声を

美しく

ゆたかに

なめらかに

出すこと。

 

では、そもそも発声とは何でしょう?

 

硬起声と軟起声

発声には軟起声と硬起声の二種類あります。

 

軟起声は、のどが開いた状態で、スムーズに自然に出る声。

声帯が中央にそっと寄ってきて合わさる感じです。

 

その反対に、硬起声は、声帯を強くぶつかるように合わせて、

声の出だしに、強いアタックを使うときは硬起声です。

 

通訳者は声を多用する(話者 全員分 しゃべる!)仕事で、常にのどを酷使しています。

硬起声は声帯への負担が大きく、つねに声を使う仕事をしている通訳者にとっては大敵!

通訳者にとって、声をサステナブルに使うこと。

大事な道具を持続可能な使い方をしているかどうか。

これは死活問題です。

 

硬起声になりがちな人は、

長期的に見ると、声帯ポリープや結節など、問題が発生しやすくなるため、

軟起声を心がけ、硬起声をやめるよう、注意しなければなりません。

 

声帯と呼吸

まず、声はのどや口だけで出すものではないということ。

いうなれば、上半身全体で出すものなので、精神的に緊張していたり、

体が硬直したりしていると、よい声は出にくいのです。

 

また、首筋や背中など、どこかに無意識に力が入ってしまう体勢(姿勢)もNG。

前かがみ、逆に、後ろにそっくり返り気味の姿勢では、ゆったりとした声は出にくいです。

 

心身ともにほぐすこと。この筋肉も含めて、リラックスした状態をつくる。

 

このことは、首や肩、背中だけでなく、顔の表情筋にも当てはまります。

しかめっ面やこわばった表情をしていると、それが体全体に伝わり、

声を出すときにも、声帯やそのほかの筋肉がこわばってしまうのです。

 

通訳者はとくに声を意識しなければならない

通訳者の声とは、聞き手にとって長時間にわたり耳にする声です。

そして、その聞き方も、なんとなく耳にしているというより、

ヘッドフォンやイヤホンを使い、集中して聴いていることが多い声です。

 

だから、長いあいだ聞いていても、聞き手にとって疲れない声であることが大切です。

 

自分の声の欠点にはなかなか気づかない

声の質はもちろん、声の出し方トーン調子…。

 

自分の声のクセは、自分一人では、なかなか気づけません。

 

常に耳を鍛え、自分の耳で自分の声を客観的に評価できるように

同時に、自分の声が他の人にどう聞こえているかどう響いているか、を常に考えること。

 

ウィスパリングのささやき声

ロシア語の会議通訳者 Cyril Flerov 氏も自身のブログの記事  “Whispering in Your Ear is Bad Idea!”のなかで、はっきりと提言しています。

 

“your voice gets tired extremely quickly, whispering is very damaging to the vocal folds

すぐに声が疲れてしまい、ウィスパリングは声帯へのダメージも大きい)

 

ないしょ話のときに使うヒソヒソとした「ささやき声」は、

のどを震わせず、それでも声門から息は出ているので、

ボリュームが小さく、一見やさしそうなイメージですが、

 

声帯への負担は大。

 

のどを震わせず、聞こえにくい分、余計に声帯に力をかけているのです。

通訳の仕事のなかでウィスパリング※ をするよう依頼されることがあります。

※シュショタージュ(Chuchotage=フランス語でささやくの意)ともいいます。

 

とくに、会議・ミーティングで発言の言語がわからない人が1人や2人など、

少人数のときに、この手法がよく使われますが、気を付けなくてはいけません。

 

だからといって、リクエストに対して、

「のどに悪いのでウィスパリングはお断りします」

とは言えませんから、

 

のどに負担がかからないように、ささやき声ではなく、小声で行うようにするということです。

小声、つまり、ちゃんと声を出しているけれども、ボリュームは小さく。

 

意識してみて下さいね。

 

 

ご質問、コメント、そしてご相談も大歓迎です。コメント欄、お問い合わせページ、 Twitter からもご連絡いただけます。

 

「声トレ」のレッスンのお問い合わせコースに関するご相談 平松里英にメール で、お気軽にどうぞ。

 

▶ 関連記事 母音の無声化 (キ・ク・シ・ス・チ・ツ・ピ・プ・ヒ・フ・シュ)

 

【お知らせ】

『通翻Web』にて連載中!

くわしくは「通訳者通信fromロンドン」をご覧ください!

 

イギリス、アイルランドからヨーロッパ全域へ出張して通訳しています。

こちらのカテゴリーでは、通訳者の皆さんにとって役に立つ「声」、「のど」、「滑舌」 などについて書いています。

記事は、時代の変化に合わせて、随時加筆したり改訂したりしています。

Photo: https://aidanews.com/2014/06/19/whisper-voice-makes-the-muscle-hypertonia/

© 2018 I INTERPRET LONDON

Theme by Anders NorenUp ↑