I INTERPRET LONDON

ロンドン在住の通訳者平松里英のブログ

Category: ロンドン

戦没者追悼記念日によせて

ロンドン在住通訳者の平松里英(rielondon)です。

明日、2017年11月12日 戦没者追悼記念日です。

英語では Remembrance Sunday と呼ばれ、11月11日に一番近い日曜日になります。

なぜ11月11日なのか。

第一次世界大戦が終結したのは1918年11月11日だから。

第一次・二次世界大戦の戦没者を追悼する日です。

(ちなみにアメリカでは「Veterans Day」と呼ばれているとか。)

イギリス人にとって大切な日

毎年この時期になると街頭で赤い造花のポピーを見かけます。

傷痍軍人が作ったものですが、10月に入った頃でしょうか。街頭で募金活動を見かけるようになります。イギリス人なら、この時期にケシの花をつけていない人はいないというくらいです。

もちろん英国在住の私も付けます。

夫が衛兵ということが大きな理由ですが…。

ケシの花ピンの通し方 ポピーの留め方

付け方はちょっとコツがいるのですが、ケシの花と一緒にピンが渡されるので、ピンをこのようにして(上の写真)コートの襟などにつけて、横向きのピンに茎の部分を通します。

 

勲章もそうですが、男性は自分から見て、女性はです。

 

余談ですが、ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式ではデービッド・ベッカム氏が女王から頂いた勲章をなんと右側に付けていたので恥ずかしいこととして報道されてしまいました。あとで慌てて直していたようですが…。

 

当日は、一部始終がテレビ中継されます。この行事は6月の「女王陛下の誕生日パレード」(正式には、Trooping the Colour = 軍旗敬礼分列式という)と並んで、重要なものです。

さて、なぜ赤いケシなのか?

赤いケシは、過酷な状況でも咲くことで知られる。第一次大戦で激戦地となったフランドル戦線。戦闘の後の悲惨な環境でも咲くことができたのはケシの花くらいだった。戦争を終えた土地には一面に咲き乱れるケシの花があったそうです。

大変多くの犠牲を出した戦いとしては、昨年は、2日間で6万人もの兵士が犠牲となったソンムの戦い(フランス)の100周年でもありました。

この赤いケシ、カナダ人の軍医、ジョン・マクレー(John McCrae)が『フランダースの野に』(Flanders Fields)という詩の中で詠んだことが始まりだったそうです。これは戦いで散っていった兵士たち(the fallen)の多大なる犠牲と同志たちの愛を表すシンボルとなりました。(日本では桜の花ですね)

英国在郷軍人会連盟(Royal British Legion)の発足以来、ケシの花運動(Poppy Appeal)として毎年、イギリス軍(British Armed Forces)つまり陸・海・空軍ほか退役軍人などを含みます。

ただ歴史を振り返る日ではない

ここで弔いと支援の対象となるのは、じつは第一次・第二次世界大戦の犠牲者だけではありません。

それ以降のすべての戦争、紛争に赴いた戦没者たち、そしてその家族も。

過去のものではない、現代のものなのです。ここが日本などの終戦記念日とは大きく異なる点だと思います。私の周りでも友人を亡くしたベテランの兵士(司令官級)や若い兵士がいます。

当日のテレビの特集でも存命のベテラン軍人たちだけでなく、現役・退役の軍人と家族たちが老若男女映し出されます。Remembrance Sundayはまったくもって、過去のことに思いを馳せる日という感じではありません。現在も、そして悲しいことにこれからも「今起きていること」なのです。

Lest we forget.(我ら 忘れまじ)

 

#RemembranceSunday #PoppyAppeal

(Photo: courtesy of The Telegraph)

推奨!名古屋市科学館のプラネタリウム

名古屋にすごいプラネタリウムがあるのをご存知でしたか?
コアの宇宙ファン、星空ファンにもたまらない素晴らしいプラネタリウムが、名古屋にあるんです!

ロンドン在住通訳者の平松里英(rielondon)です。

前回のお約束通り、今回は「名古屋市科学館」のプラネタリウムについて取り上げます。

ご存知でしたか?

とある「世界のプラネタリウムトップ10(10 Best Planetariums in the World)」情報によると、

名古屋市科学館のプラネタリウムは 世界 第3位 につけているんです!

 

ちなみに、第1位は、ニューヨークのヘイデン・プラネタリウム

第2位は、カリフォルニアはグリフィス天文台にあるサミュエル・オシン・プラネタリウム

 

名古屋市科学館:世界最大のプラネタリウム!

ここでは、名古屋市科学館のプラネタリウムは、こう紹介されています。

 

Nagoya City Science Museum, Nagoya City, Japan – The Nagoya City Science Museum is home to the biggest planetarium in the world with a dome diameter of 35 meters (115 ft), and 350 seats. But this planetarium is not just the biggest, it’s also one of the most sophisticated and highest quality planetariums ever built

世界最大のプラネタリムは名古屋市科学館にあり、ドームの内径が35メートル(115フィート)、座席数350。このプラネタリウムは大きさが世界最大というだけでなく、これまでに建築されたプラネタリウムの中で最も洗練されたプラネタリウムのひとつで、最高級のクォリティを誇るプラネタリウムである。

 

この世界最大(the world biggest)という表現に注目。

(ギネスブックに載っているそうです。)

通常はone of the most(最も~な○○のひとつ)と、言い切らないことが多いのに、

ここでは完全に言い切っており、文句なしの世界最大級であることがうかがえます。

 

こちらの世界ベスト10ランキングが載っているサイトはアメリカのサイト。

 

そのため、アメリカのプラネタリウムが優先されるのも無理はないと思う次第ですが、

それでも、世界最大級で第2位に付けているカリフォルニアのプラネタリウムは、内径23メートル。

 

名古屋市科学館のプラネタリウムは、その約1.5倍。

 

つまり、カリフォルニアのプラネタリウムは 直径が約7.3メートル。

名古屋市科学館のプラネタリウムは 直径が約11.1メートル。(約1.5倍)

 

ということは、

体積は3倍以上(1.5の3乗)という計算になります。

すごいですね!!

 

でも確かに行って見るとわかりますが、大きいですよ。

大きいと、つい映像が荒くなるような気がしませんか?

ところがどっこい、映像も素晴らしい!

旧プラネタリウムと比較対象にならないくらいです。

 

Greenwich Observatory Planetarium

Greenwich Planetarium

私、ロンドンではグリニッチ天文台にたまに行きます。

グリニッチは子午線・天文台だけでなく、

他にも見るところがたくさんあるので会員になっているのですが、

グリニッチ天文台にも、小さいですがプラネタリウムがあります。

(上の写真)

じつは、プラネタリウムが好きなのも会員になっている理由のひとつなのですが、

名古屋市科学館のプラネタリウムを体験した後では、

やはり物足りなさは否定できません。

 

 

Planetarium NCSM

Planetarium Nagoya City Science Museum

最初のプラネタリウムは1962年11月に開館され、2010年の8月に立て直しのため(一時)閉館。

名古屋市科学館のプラネタリウムは、2011年にリニューアルされました。

 

名古屋市科学館のプラネタリウム:難点―その壱

私はリニューアルされたプラネタリウムには、1度しか行ったことがありません。

海外に住んでいるからということも大きな理由なのですが、

じつはチケットが取れなくて気軽に行けない!

これが難点。。。

 

空席情報のページを見ていただくとわかるのですが、前売り券はありません。

※展示室のみ(つまりプラネタリウムはなし)であればコンビニの前売り券が購入可能。

当日、朝9:30から その日のすべての回の観覧券が売り出される 仕組みになっているので、

観覧券を取りに並ばなければならない のです。

 

私が行ったときは、取れたのが午後の回だったので、

朝並んでチケットを取って、午後出直しました。。。

各回の空き状況はネットで確認できることはでいるのですが、予約が取れない。

 

それから、電子申請サービスも以前はあったようですが、現在は停止されています。

 

さらに、購入日より1年間有効な「定期観覧券」なるものが存在し、

プラネタリウムにも有効なオプションもあるようですが、

当日いきなり行って入れてくれるのか、それとは別に整理券(?)を取らなければならないのか、

そのへんは不明。

 

名古屋市科学館のプラネタリウム:難点―その弐

「よくある質問」の上の方に、

「プラネタリウムの解説を外国語で聞くことはできますか?」 という質問があり、

 

その答えが、

「当館のプラネタリウムは日本語で生解説を行っています。翻訳装置や同時通訳などもありませんのでご了承ください。」 

となっています。

 

これ

「あ、外国の方には来ていただかなくても間に合ってます。」

って言われているようなものですよね(涙)

 

これは、惜しい…。

 

いや、外国人観光客のなかにも「行ってみたい!」という人がいると思うんですよ。

 

実際、家族でプラネタリウムに行きたいと思っていても、

「うちのお父さん(お母さん)日本語じゃわからないし…」

みたいな理由で

「じゃあ、やめ。別のところにするか、残念だけど」

というケースも 少なからず ある気がする。

 

まあ、毎日コンスタントに動員数が見込めるかどうか、絶対数が多いかどうかはわかりません…。

投資に見合うだけのリターンが見込めるのかどうか、それは確かに私にも測りかねるのですが…。

 

ただでさえ人気があって、客集めには困っていない模様。

外国語対応までしなくても十分やっていけるし、対応する余裕なんてありません。

ということなのかもしれませんが…。

↑ いや、本当のところ、どうかわかりませんけどね(汗)

 

でも!

ここのプラネタリウム、

大きいだけではなく、映像クォリティもプラネタリウムとしては世界一なんです。

 

日本が世界に誇れる、

ハイテクなだけじゃない、

学芸員の解説がとっても優れている、

足を運ぶ価値のあるプラネタリウムなので、

 

ぜひ外国人の方々にも(観光客でも居住者でも)

その素晴らしさを堪能してもらえるようになると、いいなとおもいます。

 

「本物に限りなく近い星空」を再現すること

2012年に掲載された記事※のなかの、学芸員の話によれば

“本物に限りなく近い星空”を再現すること。それが今回のリニューアルの最大の目標であり、こだわりでした」。

そのこだわりには、「プラネタリウムで星を見る楽しさを知ったら、自宅に帰ってから実際に夜空の星を眺めてほしい」という、

小林ら天文係6人の学芸員に共通する思いがある。

革張りのリクライニングシートは すごーく快適

さらに、椅子が左右に動きます。

動くというか、回る・揺らせる感じなので、

首をうーんと曲げたり、頭を逆さにしなくても、椅子を傾けるだけで

北の空も、東の空も、西も南も、見たい空が楽しめます!

科学館というより、上質の映画館という感じです。

 

日経BiZアカデミー「本物に限りなく近い、名古屋市科学館『プラネタリウム』」

 

 なぜ、名古屋にこんなにすばらしいプラネタリウムがあるのか?

思うに、旧プラネタリウムのときから、生の解説があり、素晴らしかった。

私はプラネタリウムと言えばそれが当たり前だと思っていたのですが、違いました。

プラネタリウムに行って、専門的な生解説があるなんて、非常に恵まれていること。

関わる人たちの期待度がおのずと高かった。それで、新しくすると決まった時にも、

もともと求めるレベルが高かったのだと思うのです。

私の推察でしかないのですが。

 

学芸員の方たちの解説は、乙姫と彦星のお話でとどまってはいません。

(乙姫と彦星のお話は、誰もがなじみがあり、導入として重要。)

難しい天文学の話をかみ砕いて、

一般人にもわかりやすく、

興味深いお話、

にしてくれます。最高ですよね

 

あまりにリラックスして、ついつい寝てしまう私。(陳謝)

 

名古屋も外国人居住者が増えていますから、英語の解説があったら

(もちろん、中国語やポルトガル語もあったらあったに越したことはないのですが)

世界最大(世界最高!)のプラネタリウムとあらば、

「一目見たい人は、そりゃあいるでしょう、日本まで来るインセンティブになるでしょう」

と思います。

 

それに、ここはアクセスもいい。

名古屋駅から近いですから。徒歩10分、地下鉄なら一駅。

 

英語のガイドブックで、名古屋のページがあまりに少なくて(1ページに満たない)とても悔しい筆者でした。

 

英語のコンテンツがあったら、それだけで、見開き2ページ費やすくらいの価値はあると思う。

 

というわけで、近々、英語でも名古屋市科学館のプラネタリウムについて書くことにします!

 

【関連サイト】

バリアフリー対応など、名古屋市科学館に関するくわしい情報は以下の公式サイトからご覧ください。

名古屋市科学館プラネタリウム 公式サイト

LAのアイコンに迫るグリフィス・天文台編

 

 

Photo:
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/visit/planetarium/about/index.html
http://www.visitgreenwich.org.uk/events/planetarium-shows/

 

ロンドン 2016 春の通訳ワークショップ

すっかりご無沙汰してしまいました。

今年に入ってから「春の通訳ワークショップ」の調整や運営でてんてこ舞いで、ブログの更新まで手が回りませんでした。その状況は変わっていないのですが(苦笑)せっかくなので、このイベントをこのブログでも紹介しますね。

来月、4月16日(土)ロンドン中心部、ロンドンメトロポリタン大学にて、Jネット主催「春の通訳ワークショップ」が開催されます。

現在、運営委員会(ブロートン文さん、坂井裕美さん)、スピーカーの皆さん(アンドリュー右田ミーハンさん、ティーラ(岩津)桂子さん)といっしょに有意義な会にしようと奮闘中です!!

Jネットの母体であるITI(英国翻訳通訳協会)、JAT、ATAの日本語Divisionの各団体から、協力いただいています。AIIC(国際会議通訳者協会)のなかで駆け出しの会議通訳者をサポートするAIIC-Vegaについての紹介も当日の内容に含まれています。

実戦で役に立つ現役通訳者のためのイベントになっており、全日のプログラムは4本のセッションから構成され、盛りだくさんの内容となっています。これだけの講師陣、そして欧州の日本語通訳仲間が一堂に集まる機会は滅多にありません。対象言語ペアは英⇔日に限りません。仏⇔日、独⇔日、西⇔日など、日本語さえ含まれていればどのような言語ペアの通訳者にも役に立つ講演ばかりです。

充実したワークショップの後には、お楽しみの懇親会も予定しています。講師陣とテーブルを囲んで直接コミュニケーションを図ったり、日頃一人で仕事をすることが多い通訳者にとって、通訳仲間と交友を深めたり、新しい仲間と出会える貴重な機会です。

あ、

申し遅れましたが、私も当日は登壇させていただきます!

詳しい情報は、以下の特設ウェブページでをご覧ください。

イベント概要は以下のような感じになっています。

【ワークショップ詳細】

日時: 4月16日(土) 午前10時〜午後4時
会場: ロンドンメトロポリタン大学 Moorgate キャンパス
最寄駅: 地下鉄 Moorgate
住所: Electra House 84 Moorgate London, EC2M 6SQ
アクセス・地図: http://www.londonmet.ac.uk/contact-us/how-to-find-us/moorgate/
講師: アンドリュー右田ミーハン、岩津Thiele桂子、平松里英
参加費: Jネット会員 30ポンド 、Jネット非会員 40ポンド
早期割引 上記から5ポンド割り引き(3月31日まで)
懇親会: 会場近辺  18時〜 (食事代は参加費用には含まれていません)
イベントの後には、会場近くのパブで気軽に一杯飲んでからお楽しみの懇親会を予定しています!!
是非、お誘いあわせの上、ご参加ください! 
お問い合わせは私、平松里英 hiramatsu@rie.london まで。

半年ぶりのグリニッチ

グリニッチはお気に入りで、年に何回か行きます。
今回は、グリニッチは何年も行っていないというともだちと待ち合わせ、行きは Embankment から出ている River Bus を利用。
11時ごろの便で出ましたが、ラッキーなことに、乗り場で並んだとき先頭だったので、船でも先頭でした。英国旗の右側に写っているのが国会議事堂。この写真には写っていないけれど、左側には「ロンドンアイ(観覧車)」があります。
River Boats にはいろいろとオプションがあって、民間の会社が運営しているものとTfR(Transport for London) がやっているものとあって、ツアー(River Tour)など もあるけれどRiver Bus で、観光案内なしでよければ、あとチケットの購入を Oyster card (SUICAのようなカード)を使えば割引がきいて £6.50
だったかな?正規料金よりも70pくらい安かったと思います(2015年4月現在)。
Greenwich pier に着いてから、Greenwich market でお昼ご飯を購入。ほんとは今日はハイキングのように、Observatory(子午線があるあたり)まで歩いて上ろうと思っていたけれど、天気が昨日のぽかぽかとは打って変わって、肌寒かったので、無理はせずに、Maritime museum、The Queen’s House、Cutty Sark という室内をメインにめぐることにしました。
そして、そのあと、Greenwich brewery で地ビール(エール)を堪能。わたしはペールエールで、
友人は下のレンガの壁がの写真、黒板に描かれている(見づらいかな?)Beer paddle (櫂=かい にビールを数種類選んだものが乗ってくる £7.50)を注文。

ゆっくりと話しながら堪能した後、ランチをゲットしたマーケットに戻り、夕飯(テイクアウト)を買い、ブラジルのチュロス(キャラメルとチョコレートのハーフアンドハーフをシナモンシュガーでコーティング)を買い食いして今日は締め。£2.50 ↓
DLRでBank/Monumentまで外の景色を眺めながら帰りました。今度は、暖かくて天気がよかったら、お弁当を持って丘の上までピクニックに行きたいと思います!お金は使っても貯めたり、また稼いだりして、がんばり次第で戻ってくるけど、時間は貯めることも、取り戻すこともできない。
やっぱり、そのときそのとき、季節やその年を「生きる」体験することを忘れないようにしたいですね。Carpe diem – seize the day – この年になって、ますますそう感じる今日この頃です。

わんこと遠出 ハムステッドヒース

春らしくなってきてうれしい^^暖かくなってきて、ほんとに気持ちよかった~。北ロンドンの Hamstead Heath までわんこと一緒に地下鉄を乗り継いで行ったら、小一時間かかった。

わんこを電車(地下鉄)に乗せるのは初めて、だったのでちょっとハラハラした。帰りはエスカレーターはビビッて止まってしまい、うしろの人がせき止められてしまって、焦ったけど、娘がササッとだっこして乗ってくれたので難を逃れました(ほっ)。

とにかく、やっぱり、お天気がいいし、気分転換に日ごろとは違うことをするのってすごくいいですね。大切。East Fincheley のTube Station からはちょっとあるので、同業者&わんこつながりの友だちが迎えに来てくれて、みんなでわいわい3時間くらいの長~いお散歩。ゆーったりと、ロンドンの中心でオフィス街に囲まれて仕事をしている日常・喧騒から離れることができました^^

ハムステッドヒースはわんこフレンドリーな公園(いわゆる「公園」というよりもっと広大で、ほんと自然の中!って感じですよ。自然公園?)とにかく、犬の数もすごかった!何百匹(頭)もいました!

シバちゃんのイベントがあったのか、柴犬がどうだろう、50頭くらいいたかな。。。茶、タン、白など、いろいろなシバちゃんがうわ~ってたくさんいて、一瞬、日本にいるような気になって、にわかに懐かしい気分になりました。

『ノッティングヒルの恋人』のロケ地だったというのもうなずけます。これだけオープンな場所だと、風があるので、そよ風なんて気持ちいいけれど、水辺もたくさんあり、その近辺はやっぱりそれなりに風があるので、上着はそれを考慮して用意していったほうがいいかな、とおもいました。

ロンドンの地下鉄やバス、オーバーグラウンド(鉄道のこと)は犬を乗せてもOKなので、車がなくても、オフリードで走り回らせることができる絶好のチャンスなので、わんこオーナーさんにはお勧めです。

これからの季節、日はどんどん長くなるし、陽気もよくなって、わんこも飼い主もよいエクササイズになって、リラックス。ストレスから開放され、心のデトックスになりますよ。

また行こうっと♪

© 2018 I INTERPRET LONDON

Theme by Anders NorenUp ↑