I INTERPRET LONDON

ロンドン在住の通訳者平松里英のブログ

Tag: 翻訳

通訳という不思議な職業…?入門編

ロンドン在住通訳の平松里英(rielondon)です。
 いつも楽しく読ませていただいている『日本とアメリカで働く翻訳者のブログ』。
 

そのなかの「謎の職業?翻訳者」と「翻訳者と通訳者の大きな違い」という2つの最近の記事。

これを受けて通訳の視点から書いてみました。(はなさんにはご了承をいただいています)

このブログオーナーのランサムはなさんとは面識があり、尊敬する翻訳者さんです。

はなさん、これから通訳の勉強をされるんですね!がんばってください。応援しています!

それでは、さっそく書いていきたいと思います。

まず、はなさんが異業種の方々と交流していてほとんどの方に言われるという「翻訳の人って、今まで会ったことがない」というもの。通訳はどうでしょうか。

翻訳と違い、あまり家でやる仕事ではないので、私個人の経験ではさすがに言われたことがないですが、翻訳と通訳とを同義に思っている人が多いのは確かです。

通訳の場合、仕事を通して人と会うことが多いので、上記のやり取り自体があり得ないということもあるかもしれません。

それでもオンラインなどでフォームに記入するときなど、職業や業種を選ぶドロップダウンメニューの中にいまだに含まれていないところを見ると、両方とも、やはり知られていない、誤解されている職業なのかもしれません。歴史の古い仕事なんですけどね。

通訳で圧倒的に多い勘違いは「英語(他言語)が話せればできるんでしょ?」と思われていることです。日本(人)にはまだまだ日本語しか話さない人が多いから通訳が必要だけど、みんながもっと英語が話せるようになれば、通訳なんて「この世からなくなる仕事だ」と思っている人の多いこと!

さすがにこれを面と向かって言われることはないですけれど、相手がそういうふうに考えている時、いくらなんでもわかりますよ。

通訳という仕事に対する誤解の中で、声高に言いたいと常日頃思っているのが、通訳するスキル=外国語が話せる「ではない」こと。

通訳するときに必要なスキルの中でつくづく忘れられているな、と思うのは「記憶保持」。

通訳とは、平たく言うと、話されたことを順番通りに、理解し、覚えておき、もう一つの言語で再現するという作業ですから「正確に」「覚えておく」というスキルが「ものすごく」大切なのです。

どうでしょうか、外国語を勉強するとき、書く・読む・聞く・話すの4スキルは練習するけれど人のスピーチをそっくりそのまま「記憶する」練習なんてしますか?しませんよね?

学生時代にE.S.S.に入っていたのですが、そのスピーチ委員会に入っていた人たちはキング牧師の「I have a dream」のスピーチを毎日毎日練習して、マントラのように唱えて丸暗記するまでやっていました。そのような場合はともかく、普通に語学を勉強するときに、人の話を要素を漏らさず「再現するつもり」で聞いている人はいないと思います。

記憶保持(リテンションと言います)のスキルだけについていえば、外国語スキルとは関係がなく、単一言語でも練習ができる。通訳するにはなくてはならないスキルだけれど、外国語能力とは別の能力です。

翻訳と通訳で似ているところは、まず高度な語学力が必要なところ。「確かに英語は勉強しているから、知識はある…だけど、しゃべれるかどうかは全く別の話」 ― そう、聞いてわかるのと同じレベルで話せるかと言ったら、そうじゃないのは、中学高校大学と10年も勉強してきたのに英語が話せない人が圧倒的に多いことからも明らかですね。

それでも、聞く分にはある程度はわかるという人も多いはず。ところが、それと同じくらい話せるかというと、そうではない。受け身の力だからです。

「英語がしゃべれない翻訳者は実はたくさんいる」というのも本当に翻訳者同士では珍しくもなんともない話で、通訳者だってこのことは知っています。

それから「辞書なんていらないでしょ?」と思われるのは通訳者も同じで、いきなり「○○って何(ていうの)?」と出し抜けに辞書代わりとばかりに質問されることも少なくありません。

コンテクスト(周辺情報)なしでは特定できないのは翻訳も通訳も同じですよね。

photo : slideshare.net

(つづく)

“Still Alice” 『アリスのままで』を観て

友人の祖母は、老人ホームで「自力でご飯が食べられなくなったら(安楽死させて)」という指示を生前だしていたらしい。親しくしているアメリカ人の友人の話だ。残された家族には酷な話で、安楽死させる処置をする医師の気持ちもいかばかりか、と考えてしまう。

でも、自分が似た立場だったら、選択肢としてあるのなら、考えないといったらウソになる。
日本ではまだ公開されていないということなので「ネタバレ」でこれから観ようと思っている方々の体験を台無しにしたくないので、詳細は避けるが、映画のなかで、アリスが自分の病気について聴衆に話すシーンがある。そこで、 I’m not suffering, I’m struggling. と語る。
ここのシーン、そしてセリフが私にはとても印象的だった。娘と観ていたのだが、気づかぬうちに仕事のことを考えてしまう。もし、このスピーチの通訳を任されたとしたら、どう対応しただろうか。ここは、ちゃんと意味も背景にあるものも、そして温度も、しっかりと伝えることが大事だ、と感じた。この感動を過不足なく、しっかりと伝えなければならない、と。
『五体不満足』で乙武さんも書いていたけれど、「障害は個性」、と言おうか、「障害は特徴」と言おうか。
(このあたりの考え方ですが、いろいろと意見が分かれるところで、これだけで立派に議論が成り立ってしまうので、ここでは掘り下げることはしません。) 
この1センテンスで彼女は何を言おうとしたのだろうか。
  • suffering  苦しむ、苦痛を経験する、我慢する
  • struggling  もがく、苦労して進む、苦闘する
suffer していないが struggle している。つまり、苦しんでいるのではなく、苦労している。Cambridge Dictionaries On-line によると “a very difficult task that you can do only by making a great effort ” つまり、struggleには痛みが伴うとは限らない。
suffer は否定文や疑問文では「我慢する」というような意味合いがあり、つまり「受身」だけれど、struggle のほうは、上記にあるように「苦労して進む」「努力している」―つまり、「能動的・積極的」である。
どこかが痛いわけではないけれども、(以前は当たり前にできたことができなくなって)ひとつひとつやりこなすのに苦労している、それでも負けじと戦っている(ともすれば負けてしまいそうになるけれど)―ということではないか。
彼女は、痛みや苦しみに絶えているのではなく、もがいている。あきらめず努力を続けている。ほんとうに、自分で考え出した、いろいろな工夫をして努力している。そのひたむきな姿に感動する。
そして、病に倒れたとき、自分はこれほど勇敢で、ひたむきでいられるだろうか、身につまされる思いと同時に、負けるとわかっている戦いでも最後まで全力で戦わなければならないとき、自分はこんな風になれるだろうか。
こんなことを考えながら、亡くなった父のことを思い出した。父のことは思い出すというより、いつも頭のどこかにある。父の病気はアルツハイマーではなかったので、同じではないが、向き合い方がもう少し後ろ向きだった気がする。
ひたむきな生き方、あきらめない生き方は、勇気と精神力、そして体力が必要だ。病気が何であれ、こんな強い生き方ができる自分でありたいと思った。そこまでしてでも戦う価値のある戦いがあると、そのことを改めて考えさせられる映画であった。
(Photo: https://vimeo.com/117595120)

翻訳のキモかツボか!? “face the music”

つい先日、仕事(翻訳)で出てきた英語表現のなかで気になったもの。 “face the music” というフレーズです。

文脈を理解するために前後の文を入れると、”you’ve got to be there – answering all the questions and facing the music.” というコンテクストでした。
(ちなみに、そのオリジナルの映像はこちら

オンラインの英和辞書で意味を調べてみると、「自分の言動の報いを受ける」「結果を潔く受け止める」「困難に立ち向かう」・・・とあります。

でも、なんで music なんだ?英日の辞書ではわかりづらい、語源が載っていないようなので英英辞典で検索してみます。

Cambridge Dictionary では 意味は to accept criticism or punishment for something you have done とあり、The Free Dictionary によると、その語源は、”Most authorities believe it refers to a theatre’s pit orchestra,which an actor must face when he faces what can be a hostile audience, but some hold it comes from the military, where a formal dismissal in disgrace would be accompanied by band music.” (劇場で楽団が入っているピットを指しており、俳優が敵対的な観客に直面・対峙しなければならないというところから来ているという見解が多いが、別の語源としては、軍隊用語から来ており、正式な懲戒免職処分になった場合には、(軍)楽隊の音楽が付き添う。)
とあります。

この罰は(イギリスの)軍隊では Rogue March と呼ばれ、”a derisive tune played to accompany a person’s expulsion from a regiment, community, etc.” ということであるが、現役で軍楽隊に長い経験者いわく、music と drumming は明確に区別されており、後者は signalling =合図としての意味合いが強い。ここで music とはっきりしている以上、drumming ではない。music と drumming は一緒くたになって使われることはない、とのこと。つまり、face the drumming/drummer とは言わないというのです。
Phrase Finderによるとこうありました(以下)。”The phrase ‘face the music’ has an agreeable imagery. We feel that we can picture who was facing what and what music was playing at the time. Regrettably, the documentary records don’t point to any clear source for the phrase and we are, as so often, at the mercy of plausible speculation. There was, of course, a definitive and unique origin for the expression ‘face the music’ and whoever coined it was quite certain of the circumstances and the music being referred to. Let’s hope at least that one of the following suggestions is the correct one, even though there is no clear evidence to prove it.” (要約すると、どの文献でも明らかにされていないので、おそらくこうだろうという可能性の高いところで落ち着くほかないのだが、誰が考えついたのか、音楽が引き合いに出されているところから状況がかなり特定のものであったことがうかがえる。いずれも、正解たる根拠をはっきりと証明できるわけではないが、以下に提案されているもののなかに正解があることを期待しよう。)

その「提案」は三つ。くわしくは以下。
“A commonly repeated assertion is that ‘face the music’ originated from the tradition of disgraced officers being ‘drummed out’ of their regiment. (1つ目、軍隊で不名誉な除隊を言い渡された時「Drummed Out (ドラムアウト)
」といって、(小)太鼓が打ち鳴らされ、不名誉な理由で除隊された個人を、一番若いドラマー(ボーイ)が出口付近に控えていて、おしりを蹴飛ばして追い出される、というような、軍隊の伝統らしい、これが語源という説。)A second popular theory is that it was actors who ‘faced the music’, that is, faced the orchestra pit, when they went on stage. (2つ目、舞台の足元にあるオーケストラピットのことで、舞台に立ち幕が開いたら役者は何が何でも音楽のほうを向き=観客に対峙しなければならないという意味。)A third theory, less likely but quite interesting none the less, was recounted with some confidence by a member of the choir at a choral concert I attended recently in Sheffield. It relates to the old UK practice of West Gallery singing. This was singing, literally from the west galleries of English churches, by the common peasantry who weren’t allowed to sit in the higher status parts of the church. The theory was that the nobility were obliged to listen to the vernacular songs of the parishioners, often with lyrics that were critical of the ways of the gentry.(3つ目、これは可能性が低いらしい。また長いので、ここでは要約を割愛する。ごく簡単に補足するとイギリスはシェフィールド、イングランドの教会の合唱に関係があるという説。)”

Drummed Out に関しては、連隊によってやり方が違うらしい。楽隊全体だったり、ドラマーだけだったり、他にもパターンがあるらしい。

ここまできても、やはり、どこから来ているのか、わからない。なぜ音楽なのか?いまひとつどころか、ますますわからなくなってきた(汗)
The more I learn about this phrase, the less sure I get… Why MUSIC?? Why does it have to be music, where is it coming from, anyway???

Fred Astaire で有名なミュージカル『Top Hat』のなかで、Cole Porter 作曲の “Let’s face the music and dance.”  という曲もあった。ただ、このフレーズは使用が確認されたのは、少なくとも1850 年代にまで遡るらしい。

言語学者で、イギリス在住の日英のベテラン翻訳者に相談してみたところ、「Almost all other early citations are American. Sadly, none of them give the slightest clue as to the source, or reason for, the music being faced.
WorldWideWords にはさらに詳しい説明や例文があります。調べるまで、私はなんとなく「rough music」を指していると思いました。つまり、悪いことをすると「音楽という形の刑罰に晒される」といった感じかな。他のサイトでも「a South Asian version of the collectively imposed ‘rough music’ in traditional English villages which gave rise to the expression ‘face the music’」と書いてありました。」とのことでした。

いずれにせよ、よく使われる表現であるにもかかわらず、その語源が明らかになっていないのは、フラストレーションが溜まるとも言えるが、興味が尽きない。いろんな言語や文化から語彙も表現も取り込んでいる、いかにも英語らしい、と思った。
To me it sounds typical English which have imported expressions, phrases and words into their vocabulary over the centuries. Yes, it might be frustrating but it is very intriguing and it stays intriguing.

ぜひスッキリしたいとおもうので、他にも説がある、など、ご意見感想をお待ちしています☆
Please drop me a line, should you have something else to contribute.
Thanks!

(photo source: http://www.keepcalm-o-matic.co.uk/p/it-s-time-to-face-the-music/)

酢の物はサラダ…?

現地の友人(ここでは日本人の友人は含まれていません)を呼んで「すき焼き」をやったとき、前菜に「きゅうりとワカメの酢の物」を出しました。それで、これなに?と訊かれて、一瞬つまってしまったんですね、説明はできるけどマリネと言おうか、漬物の路線で行こうか・・・と。

そしたらもう一人が現物を見て”It’s salad.” と。「え、まじ、サラダー?」と違和感がぬぐえなかったけれど、もし仕事で通訳していたら、サラダのようなもので、と解説していたかもしれないな、とある意味納得したのです。

ググってみると、a vinegared dish が出てきた・・・。「きゅうりの酢の物」は vinegared cucumbers だそう。ふうん、もっと分かりやすい伝え方があるんじゃないか。。

この種の違和感という点では、日本の長ネギも英語では spring onion とも leek とも言われることがあるけれど、見た目は spring onion のほうが近いけど、味は leek が近いと思う。食感は spring onion が近いが、味からすると明らかに種類が違う。それは spring onion はネギではなく「ワケギ」だから。leek は「西洋ネギ」でかなり太い。(写真参照)ちなみに、恥ずかしいことに今まで知らなかったのだけど、「ワケギ」とは「ネギ属に属するネギとタマネギの雑種、緑黄色野菜の一つ」なのだそう。

似たところで、エシャロットは、物知りの友人Hさんから教えられたのだけど、タマネギみたいな顔をしているが、ラッキョウなんだそうです。そういえばこのあいだ、夫に shallot は onion じゃないよ、といわれたけど、このことだったんだ!

でも、そのHさんのお宅で見たものは大きかった(写真B)けど、夫と話をしたのは小さいネギみたいなやつだった(写真C)

写真B

写真C

ちなみにこの「ラッキョウ」―「エシャレット」―「エシャロット」には区別があるだけでなく、なかなか込み入った話だということが判明。
以下、ある野菜園芸のサイトからの引用です。

実は、そのラッキョウと良く似て居て、話題になる球根野菜に「シャロット」があり、日本では一般に「エシャロット」と呼ばれているのですが、紛らわしい事に、若取りしたラッキョウを亦「エシャレット」と市場で呼んで居り、それをはっきり区別する為に、シャロットの方は 「ベルギーエシャロット」と呼ぶようにしていると言います。そのシャロット、市場に出るのは輸入野菜が殆どと言う事のようですが 「ベルギーエシャロット」と呼ばれるものは欧米には無く、在るのは「フレンチエシャロット」と呼ばれる一寸細長い形をした「シャロット」であり、球形に近い形のシャロットの方を日本では 「ベルギーエシャロット」と呼んで居るようです。

ややこしい…。でもこれで、いつか、この手の翻訳や通訳の仕事が来ても大丈夫かな? 来るのか、そんな仕事が… ⁇ w

Kelly McGonigal “How to make stress your friend” ケリー・マグゴニガ ル:ストレスと友だちになるには


※日本語字幕はYouTube画面の右上のタテに点が3つ並んでいるアイコンをクリックし、「CC」を「オン」にしてください。

Stress is synonymous to anxiety. Should it? And is it? Does it have to be that way?

It’s funny and interesting – I was saying to my daughter yesterday that the word stress originally didn’t mean a negative thing. It wasn’t portrayed as our enemy.
Over the years, repeatedly chanting that it’s our enemy it’s now perceived an enemy but that’s too simple…!

H. Selye says “Man should not try to avoid stress any more than he would shun food, love or exercise.” (ストレスを避けてはいけません。それは食べ物や愛、

運動を避けるようなものです。)

I am no expert on stress management. There are plenty of times I struggle, with things I cannot change but somehow having to cope with and to find solutions to – whether I like it or not.

As I think back I’ve realised there was a valuable change in my idea on stress.

I realise I’ve learned to put things in perspective in most of the time, all the more. I’ve been a realist, for many years, to the level that sometimes I make people think I could do with a bit of ‘hoping’. I am not a pessimist. I see myself as “expect the best, while preparing for the worst.”

So, being realistic doesn’t mean I am negative. To me, realism is a proactive attitude – brainstorming, breaking down into small chunks, put into time scope – organising and implementing them with realistic approach.

One of the things that having kids taught me was to give up (= forgive) and that most of the things that happen in life, what life throws at you – it’s the end of the world, and there is not much point in sweating over it or grieving over it. And, say, it was the end of the world, so what’s the point in worrying about it anyway?

Easier said than done. True. Stress is not a bad thing, like money alone is not bad nor good, it is about what we do with it, how we look at it, right? So in this sense, it’s similar.

Long time ago but I read somewhere that gravity is a kind of stress and without gravity we quickly lose our muscle strength. I think it was about our physical strength in space. In other words, we need gravity to maintain our strength, we need the stress called gravity to keep up our physical strength.

Do we, usually, consciously think about gravity as a stress…?  We usually don’t think about it, but that doesn’t mean it doesn’t make it go away, but our perception towards gravity is often different from that towards stress in general, isn’t it?

There was another fact that helped change my perspective. I could take as much calcium through supplement as I like for bones, for example, however, without stress on the bones (exercise), most of it would just be lost in our body wastes… In other words, it needs at least some amount of stress to build bones.

My perception towards stress changed from something to fear to something natural and not a killer. Knowing and feeling stress doesn’t kill us, makes all the difference, according to Kelly. It is liberating and reassuring isn’t it?

ウエハース Wafers?

長女に「ウエハース食べようよ」と言ったら、「なにウエハースって?」と言われた。
え゛ウエハース知らないの?コレだよと見せたら「ああWafer!」だと。
うむ だからウエハース。日本語で。そしたら「え〜日本語でそう言うの〜?」と娘。
キャラメル Caramel
ラムネ Lemonade
ホイップクリーム Whipped cream
ワセリン Vaseline
などなど。
外来語としてやってきたのがわりと昔で、カタカナになったときに音が原語?英語?から少々離れたものはけっこうある。カツレツやハイカラなどもそうだ。
こうやって、あぁ!XXのことね〜! というやり取りはこれまでもたまにあったけれど、ウエハースはちょっと意外だった。娘にとってはちょっとカルチャーショックだったらしいw
長女は小学校を卒業するまでは日本で育ったので私にとっても世代の違いと言うべきか、思春期〜成人期を海外で過ごしている娘とのバックグラウンドの違いを実感した瞬間であった。
ただ、娘は双子の長男とは違い、イギリスに移ってからも本や雑誌、漫画など、読むものは英語よりも日本語の方が多かったと記憶している。今でもそうだ。だから、海外にいるわりに、日本の事情に通じている。ガラケーとか、妖怪ウォッチとか、おしえてもらった。
ウエハースってそんなに遠いだろうか?

© 2018 I INTERPRET LONDON

Theme by Anders NorenUp ↑